中小企業のウェブ担当者
でも始められる
ホームページ企画/作成講座

CMS

CMSとは?

CMSとはコンテンツマネージメントシステム(Contents Manegement System)の略です。

「ページの内容(=コンテンツ)を管理する(=マネージメント)システム」と言う訳です。

普通の形式(HTML)で構成されたホームページは一度作れば修正や改訂が大変なのですが、このCMSを使ったページは特別なソフトや技術を必要とせずにブログを更新する程度の手間でページ内容の更新ができるので、営業担当者や開発担当者が直接更新し、素早く情報発信できます。

それは同時にメンテナンスコスト削減にもつながると言うことでもあります。
たとえば商品紹介ページで価格やスペックに変更がある時、即座に担当で対応出来るようになるというわけです。

現在CMSのホームページはワードプレスと言うソフトで作られるのが主流になっています。
CMS = ワードプレス と言うイメージになりつつあります。