中小企業ご担当者が自分で始めるための
ホームページ企画制作講座

homepage workshop for small business

ページ内容について

広告や検索サイトからホームページへ閲覧者を呼びこんでも、閲覧するホームページのデザインにユーザーが期待する情報が無かったり、見つけづらければユーザーはすぐに帰って(直帰・離脱)しまいます。
閲覧者がホームページに期待する内容を分かりやすく掲載することを心がけましょう。
たとえば
誘導メディア
●リスティング広告(検索連動型広告)
広告メッセージ
●中古車選びを成功させるノウハウ満載、本町カーショップ。

ホームページデザイン
悪い例
ページ内容「本町カーショップなら車選びも自由自在、中古車選びのノウハウに沿った貴方の一台をお勧めします。」
(これではノウハウを見れると期待して訪れた閲覧者はすぐにホームページから帰って(直帰)してしまします。)

良い例
ページ内容「中古車選びに欠かせないノウハウ第一の法則がこれ「外観、年式、走行距離に惑わされない」年式が古くても丁寧に使用され、きちんと整備されていれば・・・・・・・」
(閲覧者が期待する情報を舞う第一に掲載。ここで言う車選びのノウハウを最初からきちんと述べる、ショップのPRはそのあとで。まずは閲覧者目線で考えたページ構成にする。)

非常に単純です
広告主側からしてみればせっかく広告料を払って呼びこんだ閲覧者に対しては少しでもたくさん販売に結びつく情報を告知したいところですね。
一方、閲覧者目線に立てば欲しい情報を期待してクリックしてきたのにその情報が表示されないばかりか商品のPRばかり訴求されているページに誘導されれば期待はずれですよね。
まずはホームページに訪れた方を丁寧におもてなしし、閲覧者にとって
有益な情報提供しページをじっくりとご覧いただきま賞、商品のアピールはそれからでも遅くはありません。