中小企業ご担当者が自分で始めるための
ホームページ企画制作講座

homepage workshop for small business

入力送信フォームとSSL

入力送信フォームとSSL

フォームとは、ホームページ上で問い合わせや申し込み、アンケートなどを書き込み送信する機能を持ったページのことです。
フォームに氏名、年齢や連絡要件等を書き込み送信しますが通常はメールで相手方(ホームページ運営者)に届きます。
フォームはHTML以外にPHPやJavaScriptと呼ばれるプログラムで作成される事が多く、例えば郵便番号を入力すると住所を自動で表示したりするプログラムなども可能です。

送信用フォームで大切なのがページのセキュリティ化です、SSL(Secure Sockets Layer)とはデータを暗号化し送信され、データの送り手側と受け手側しか解読出来ないようにする技術で、情報送信時の漏洩・改ざんを防ぎます。
インターネットは仕組み上、サーバーから送られたデータは直接届けられるのではなく複数のサーバーを経由して目的のコンピューターまで届けられます。たとえ同じ部屋にあるコンピューター同士であっても一旦インターネットに流れると複数のサーバを経由します。そこで経由したサーバーで情報が漏洩したり改ざんされたりする可能性があります。
しかしSSLで暗号化すると経由するサーバーで閲覧しようとしてもデータが解読出来なくなっていて安全なのです。
ホームページにSSLを使用する場合はSSL証明書発行費(年次更新)として別途費用が発生する事がほとんどですが、ドメインが変わって差し支えがなければ無料の共用SSLを提供しているサーバー会社もあります。
ホームページがSSLでセキュリティ化さているかどうかを見分けるのはブラウザ上部のURLの先頭が「https://」で始まっているか、もしくは鍵マークが出ていればOKですhttp://で鍵マークがなかったらセキュリティが不安なので大切な個人情報やカードの情報パスワードなどは送信してくれない閲覧者が一定割合存在する事を考慮する必要があります。
また個人情報の受信にあたってはのちのちに漏洩を疑われる可能性もあることにも注意しましょう。

HTML

HTMLとはハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ(Hyper Text Markup Language)の略。

ハイパーテキストとはテキストを超えるテキストという意味です。
書籍、新聞など従来のテキスト(文章)は最初から最後まで順番に読み進んでゆくことで成り立ち情報を伝える形式ですが、ハイパーテキストの概念は人間の思考は必ずしも順序立っていないとの前提で考え出された方式で、それは読み進んでゆく段階で幾重にも枝分かれして情報を伝えるという方法です。

具体的にホームページではテキストの中にリンク(ハイパーリンクとよばれます)を設け文章の途中で文節や単語から他のページなどへリンクをたどりジャンプしながら情報を伝えています。

現在のホームページの構成からすると当たり前ですが、ハイパーテキストが提唱された初期の1960年代においては画期的な概念だったのです。

そして、ハイパーテキストを作る為にマークアップ(=印をつける)するランゲージ(=言葉)がHTMLです。

つまりホームページのリンクや画像の位置を決めるために取り決めがされた独特の言葉の事でこの取り決めに従って記述すれば、ホームページを作成出来る事が出来ます。