中小企業ご担当者が自分で始めるための
ホームページ企画制作講座

homepage workshop for small business

ディスプレイ広告(バナー広告)

ディスプレイ広告(バナー広告)

ディスプレイネットワークと呼ばれるバナー広告(四角い枠の中に入れ込まれた看板型広告、バナーとは旗の意味)です。
(グーグルディスプレイネットワーク = GDN ,ヤフーディスプレイネットワーク = YDNがあります。)

ディスプレイ = 展示する,飾る
ネットワーク = 通信網という感じでしょうか

この広告はヤフーのトップページや大手新聞ホームページ等さまざまなページで常に表示されている四角い広告の事です。

例えばグーグルに広告を申し込んでも、グーグルが提携している広告ネットワークを通じて様々な媒体(広告表示ページ)で掲載されます。
例えば朝日新聞の記事ページの広告枠で表示されたり、どこかのブログページの広告枠で表示されたりします。
(Googleはその広告ネットワークで世界のインターネット利用者の約90%に到達するとうたっています。)

ご覧のどこかのページでディスプレイ広告が表示された時、広告枠の右上部に小さな(i)マークのボタンがあったりしますので一度クリックしてみてください。その広告配信元がYahooまたはGoogleかが分かり(他の配信元もありますがここでは述べません)、また利用者側でその広告の配信停止をしたり広告に対する意見を送る事もできます。

ディスプレイ広告はリスティング広告同様クリック課金ですが、リスティング広告(検索連動型広告)のように利用者が自ら求める情報に対して掲出する広告ではなく、どちらかと言うと不特定多数に向けての広告なので自ずとクリック率(CTR =掲載回数に対するクリック回数)は低くなります。

よって、同じ予算でも表示回数自体はかなり多くなります。
大きくはリスティング広告に比べ下記の傾向があります。

●同じ予算でも表示回数が格段に多いので、マスメディアの広告的な使い方が出来る。
●絵で説明できる
●1クリックの値段が安い
●クリックして来訪した顧客は広告の商品・サービスについての関心が低い傾向にある(顧客は最終の商品購入や問い合わせに結びつきにくい。)

広告申し込みはGoogleやYahooのプロモーションページで設定をします。

小額から運用出来ますがあまり小額だとパフォーマンスが計りにくいので予算の少ない場合は小額予算で長く続けるのではなく短期間で予算をかけパフォーマンスを検証し、その後の方針を決定した方が良いでしょう。

様々な設定がありますが基本は

●広告を画像で用意し設定します。(画像表現にはいくつかの制約があります、Google、Yahooで確認してください)Google,Yahoo!の広告設定画面ではレスポンシブ広告を作成機能があります。これは使用する画像やタイトル、本文等を別々に設定する事で様々なバナー広告枠にあったを広告を自動で生成する機能です。

● 予算設定
入札金額:一回のクリックに対していくらまでなら払えるかの予算設定
日別予算:1日で掛けられる予算の上限の設定。(例えば3,000円/日の場合は一ヶ月31日と想定して93,000円/月の予算になります。その場合、一回のクリック単価が100円の場合は1日約30回のクリック(利用者の貴社ホームページへの誘導)、月間930回のクリックが見込めます。

● ターゲット(広告を表示する相手先)設定
都道府県・市町村等の地域設定や配信時間帯設定、パソコンやモバイル等のデバイス設定など細かく設定出来ます。

申し込んでからGoogle、Yahooともに広告・リンク先の審査があるので掲載まで数日かかる場合があります。

掲載位置・順位に関してはリスティング広告と同様に入札金額と品質で入札され振り分けられます。(詳しくはリスティング広告の説明をご覧下さい。)

課金もリスティング広告と同じでCPC(コストパークリック)と呼ばれるクリックされた時に料金(入札金額の上限までの掲載価格)が発生します。また支払いは基本的にデポジット(前払い金)から発生費用を消化してゆきます。ただ、デポジットが無くなると広告の配信が停止するので、多くの場合はクレジットカード決済でデポジットの消化次第自動引き落としの設定をします。

リスティング広告(検索連動型広告)

検索サイト(Google,Yahooなど)で検索した時、検索結果と共に表示される広告です。

検索結果ページに「広告」と表示されたホームページ紹介文です、たいがいは検索結果の上部にいくつかリスティング広告が表示されます。
その広告の下に表示されるのが本来の検索結果(自然検索結果)です。

広告掲載は検索ワードを登録しそのワードで検索した閲覧者に広告が表示されるようになっています。

たとえば貴社の商品が「万年筆」であった場合、「ペン」「万年筆」「進学祝い」で検索されたとき、広告を表示するように設定、検索閲覧者に対して広告を表示させるものです。

閲覧者が自ら検索ワードを選び、検索する結果に表示されるので、不特定多数を相手にした広告ではなく効率が良い広告媒体です。

広告申し込みはGoogleやYahooのプロモーションページで申請をします。

アカウント登録(自分の利用者登録)をすませれば誰でも利用出来ます。

小額から運用出来ますがあまり小額だとパフォーマンスが計りにくいので予算の少ない場合は予算内の小額予算で長く続けるのではなく短期間で予算をかけパフォーマンスを検証し、その後の方針を決定した方が良いでしょう。

様々な設定がありますが基本は

● 検索キーワード設定
商品や閲覧者の関心の高そうなワードを選び登録する、単語を複数並べた複合キーワードも可能。
設定したキーワードに対して ”完全一致” ”フレーズ一致” ”絞込部分一致” ”部分一致” があります。
たとえば、設定キーワードが「万年筆」だとすると「万年筆 インク」で検索された時、”完全一致”だと広告は表示されませんが、”部分一致”の設定だと表示されます。この設定も広告の費用対効果に現れてくるので重要です。

● 広告表現 <タイトル、本文、リンク先(広告をクリックしたときの飛び先)、>
広告表現自体は全て文章で表現されますがタイトルや本文など文字数の制限がありますので、その文字数内でうまく有効な顧客を導入する事が求められます。

● 予算設定
入札金額:検索ワードの一回のクリックに対していくらまでなら払えるかの予算設定
日別予算:1日で掛けられる予算の上限の設定。(例えば3,000円/日の場合は一ヶ月31日と想定して93,000円/月の予算になります。その場合、一回のクリック単価が200円の場合は1日約15回のクリック(利用者誘導)、月間465回のクリックが見込めます。)

● ターゲット(広告を表示する相手先)設定
市町村の設定や都道府県等の地域設定や配信時間帯設定、パソコンやモバイル等のデバイス設定など細かく設定出来ます。

Google、Yahooともに設定ページは分かりづらいですが、調べながら順を追って設定してゆくと初めての方でも可能だと思います。幾度かテストをしてから運用されるのが良いと思われます。

掲載順位
競合広告に対して自社広告が検索結果の上位に位置に表示される方が当然有利ですが、上位に表示させるには二つの要素があります。

(1)入札金額による順位決定評価

先ほどの検索ワードの一回のクリックに対していくらまでなら払えるかの入札金額をオークション形式で競合と順位決定し、高額な方が上位に表示されるシステム。

(2)品質による順位決定評価
「検索ワード」に対し「リンク先ページ」や「広告の関連性」「クリックされやすさ(クリック率)」等を評価し、より関連性の高いものが品質が高いと判断され上位に表示されるシステムです。
それは、いくら入札金額が高くとも品質が低ければ掲載順位が上がってこないという事ですので検索ワードと広告、リンク先ページの関連性に気をつけます。

以上二つの評価基準で掲載順位が判断されるので、仮に高額で入札したとしても品質が低ければ中々上位に表示されない場合があるという事と逆に品質が高ければ同じ順位で入札金額が低く抑えられると言う事です。

課金はCPC(コストパークリック)と呼ばれるクリックされた時に料金(入札金額の上限までの入札競売価格)が発生します。また支払いは基本的に前払いでデポジット(前払い金)から発生費用を消化してゆきます。ただ、デポジットが無くなると広告の配信が停止するので、多くの場合はクレジットカード決済でデポジットの消化次第自動引き落としの設定をします。

リマーケティング広告(ディスプレイ広告のターゲット設定)

ディスプレイ広告のターゲット設定の一つで、一度ホームページを訪れた訪問者に対して他のホームページやブログ等を見ている時、設定した広告を表示する設定でユーザーを追いかける形の広告です。
表示する仕組みは
例えば

貴社から → Googleへリマーケティング広告出稿します。

ホームページ閲覧者(ユーザー) → 貴社ホームページを見る

ホームページにはあらかじめタグ(荷札という意味もありますよね、あれと同じです)と呼ばれる画面には表示されない小さなデータを閲覧者のパソコンに残します。

閲覧者 → 例えば朝日新聞ホームページを見る

その朝日新聞ホームページに広告枠がある場合、その広告枠とネットワークを結んでいるGoogleに「この訪問者は貴社ページを以前見た事のある利用者です。」と連絡が入る。

Googleは貴社が設定した地域や入札金額を競合他社広告と比較して広告の掲出を決定し貴社がの広告を朝日新聞ページの広告枠に送る。

訪問者の朝日新聞ホームページに貴社の広告が表示される。

おそらく皆さん経験があると思いますが、一度見た商品(例えばあるブランドのカメラ)のホームページを見るとそのブランドの広告が他のホームページに出てくると言う時、その多くはリマーケティングによるものです。

大きくはリスティング広告、一般のターゲティング広告に比べ下記の傾向があります。

●一度ホームページに訪れ商品やサービスを認知しているユーザーなので思い出してクリックしてホームページへ再訪問してくれる可能性が高い=クリック率が高い。(広告の掲載回数に対してクリック回数が一般のターゲティング広告よりも高い)
●商品を認知している可能性が高いので広告表現も具体的なキャンペーンや商品情報で訴求できる。
●リスティング広告にくらべ1クリックの値段が安い

●誘導出来る顧客層がリスティング広告(商品に関心が高い)とターゲティング広告(商品に関心が低い)の中間的な関心層が誘導出来る。

広告申し込みはGoogleやYahooのプロモーションページで申請をします。
アカウント登録(自分の利用者登録)をすませれば誰でも利用出来ます。

小額から運用出来ますがあまり小額だとパフォーマンスが計りにくいので予算の少ない場合は予算内の小額予算で長く続けるのではなく短期間で予算をかけパフォーマンスを検証し、その後の方針を決定した方が良いでしょう。

様々な設定がありますが基本は

●広告を画像で用意し送信します。(画像表現にはいくつかの制約があります、各広告設定ページで確認してください)

● 予算設定
入札金額:検索ワードの一回のクリックに対していくらまでなら払えるかの予算設定

日別予算:1日で掛けられる予算の上限の設定。(例えば3,000円/日の場合は一ヶ月31日と想定して93,000円/月の予算になります。その場合、一回のクリック単価が100円の場合は1日約30回のクリック(利用者誘導)、月間930回のクリックが見込めます。)

● ターゲット(広告を表示する相手先)設定
市町村の設定や都道府県等の地域設定や配信時間帯設定、パソコンやモバイル(スマホ)等のデバイス設定など細かく設定出来ます。

申し込んでからGoogle、Yahooともに広告・リンク先の審査があるので掲載まで数日かかる場合があります。

また、リマーケティング広告の場合ホームページにタグを設定し、貴社のホームページの閲覧者のリストをためてゆきますが、そのリストがある一定程度たまらないと広告の配信が始まりません。

CPCとCPM

ディスプレイ広告の料金体系は大きくは2系統にわかれています。一方はCPCでもう一方はCPMです。

CPCとは(コスト  パー  クリック)のことで広告がクリックされるごとに課金されるシステムの事です。(たとえばCPC100円の場合=広告が一回クリックされホームページに閲覧者が誘導されるたびに100円課金されると言う感じです)

CPMは(コスト  パー  ミル)のことで広告が1,000回掲載されるごとに課金されるシステムの事です。(ミルと言うのは1,000の意味・たとえばCPM100円の場合、広告が1,000回配信されるごとにホームページに閲覧者が何人誘導されようが、されなくても定額の100円が課金されると言う感じです)

この違いってなんでしょうか?

CPCではクリックするユーザーはホームページの内容に関心のある層を狙った広告表現で配信時点でユーザーをふるいにかけることが広告予算を抑えることになります。
逆にCPMではなるべく多くの閲覧者を集客しホームページの中でふるいにかける方がコストパフォーマンスがよくなります。

CPCの広告表現は商品寄りの特性を表したものを。
CPMは広く人々の関心を持つような内容で。
がおすすめです。