中小企業ご担当者が自分で始めるための
ホームページ企画制作講座

homepage workshop for small business

CPCとCPM

CPCとCPM

ディスプレイ広告の料金体系は大きくは2系統にわかれています。一方はCPCでもう一方はCPMです。

CPCとは(コスト  パー  クリック)のことで広告がクリックされるごとに課金されるシステムの事です。(たとえばCPC100円の場合=広告が一回クリックされホームページに閲覧者が誘導されるたびに100円課金されると言う感じです)

CPMは(コスト  パー  ミル)のことで広告が1,000回掲載されるごとに課金されるシステムの事です。(ミルと言うのは1,000の意味・たとえばCPM100円の場合、広告が1,000回配信されるごとにホームページに閲覧者が何人誘導されようが、されなくても定額の100円が課金されると言う感じです)

この違いってなんでしょうか?

CPCではクリックするユーザーはホームページの内容に関心のある層を狙った広告表現で配信時点でユーザーをふるいにかけることが広告予算を抑えることになります。
逆にCPMではなるべく多くの閲覧者を集客しホームページの中でふるいにかける方がコストパフォーマンスがよくなります。

CPCの広告表現は商品寄りの特性を表したものを。
CPMは広く人々の関心を持つような内容で。
がおすすめです。